ミネラルウォーター比較ナビ - 硬度や成分で選ぶおすすめとは?

 

あなたは普段、どんな方法で水分補給をしていますか?昔は当たり前のように、水道から出るものを飲んでいましたが、現代ではミネラルウォーターを購入している人が増えているのが現状ですよね。そんな中、あなたのご家庭ではどんなミネラルウォーターを飲用していますか?

 

現在では、日本国内のものから海外のものまで各メーカーが様々な種類の商品を数多く取り揃えているので、どれを購入したらいいのか迷ってしまう程ありますよね。特に、お茶やジュース、紅茶やコーヒーなどと比較するとほとんど味に違いが感じられないミネラルウォーターについては、比較するのが難しいのではないでしょうか。

 

しかし、そのミネラルウォーターでも若干ですが味に違いがあります。また、その他にも成分や硬度、銘柄等に違いがあるものなんですよ。なので、用途に合わせて使い分けたり、こだわりを持って比較したものを選びたいですよね。そこで、こちらではその比較の仕方について分かりやすくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

さて、そもそもミネラルウォーターと言ってもその種類は沢山あります。成分と源泉で分けると7種類、水質を表す硬度で分けると3種類、そして硬度の他にpH(ペーハー)と呼ばれる水素イオン濃度で分けると3種類など、本当に種類は様々ありますね。と言っても、どのミネラルウォーターであっても、飲用する上で問題となる成分や硬度、pHなどは無いので安心して下さいね。

 

それは、海外からの輸入品であっても安全性はほぼ同じになります。成分や源泉、硬度に違いはありますが、どの商品であっても厳正なる条件を満たしたものに限って販売されています。ちなみに、国内産のものは殺菌処理が義務化されているんですが、海外のものでは無殺菌のものもあります。ですが、どれも厳しい基準を満たしているものなのでご心配なく。

 

と言っても、購入後に気になるのが賞味期限ですよね。ミネラルウォーターが腐敗するという事実を知らない方が多く、賞味期限について気にしていない方が多いと思います。ですが、食品同様体内に入れるものなので、賞味期限を把握しておく事が重要ですよ。ちなみに、水道水の賞味期限と比較するとミネラルウォーターの方が賞味期限が長くなっています。

 

その気になる賞味期限については、基本的にラベルの隅に記載してある年月日通りですが、一般的な賞味期限については1〜2年となっています。ただし、この賞味期限は未開封の場合に限りますよ。その他、現代では災害用として賞味期限が5〜10年と長いものもあるので、購入する際には賞味期限についても確認してみて下さいね。

 

ちなみに、ミネラルウォーターはその名前の通り、カルシウムやマグネシウム等のミネラルを豊富に含んでいる物です。そのため、料理や水分補給として飲用する以外にも用途があるんですよ。ダイエットや美容のため、そして病気予防として効果を発揮する種類もあるので、色々と飲んで比較してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

水を買う時代とは?


あなたは、人間が生活をしていく中で何が大切だと思いますか?

 

すぐに思いつくのが水ですよね。

それは、他の何にも代えられない絶対的に必要なものでもあります。

 

人間の身体は60〜70%が水分でできているくらいですからね。

 

なので、水分は常に補給しておかないと生命の維持が出来ません。

 

人間にとって水というのは命を繋ぐものでもあるので、それだけ大切なものになります。

 

<水分を補給する方法>
補給する方法として、人間はその長い歴史の中で様々な方法を考えることになります。

 

そして、最大の発明と言えるのが水道ですね。

 

現代人であれば、一日の中で何回も使用するものだと思います。

 

水道の普及によって、水を飲むことが非常に簡単で安全になったことで、人間の生活は一気に楽になったとも言えますね。

 

このように、水を確保することで生活水準の大幅な向上に繋がっています。

 

普及して以降は、蛇口をひねれば水が出てきます。

 

これは、今では当然のことでもありますよね。

 

言い換えると、その水道水を飲んで水分を確保するという生活が定着しました。

 

しかし、近年ではその方程式が崩れつつあることも事実です。

 

現代では一体何が起っているのでしょう。

 

それは、水道水を飲むという習慣がなくなりつつあるという事です。

 

比較的水道が綺麗な日本であっても例外ではありませんね。

 

特に都会では、水道水は飲み水ではなくなったという認識がなされています。

 

その代わりに「飲み水」として普及したのが、あなたも身近に感じているミネラルウォーターですね。

 

ミネラルウォーターは、清潔な飲み物として一気に普及しました。

 

誰でも一度は飲んだ事があると思います。

 

今では、飲料商品の主力商品にまでなっているくらいですからね。

 

比較対象としても、水道水より缶茶、ジュースになっているくらいです。

 

このミネラルウォーターの出現で、「飲み水は買うものだ!」という認識に変わりました。

 

この価値観は、恐らく今後も変わらないのではないでしょうか。

 

種類について


一言で「水」といっても、多くの種類があるという事をご存知ですか?

 

と言っても、一般的にはあまり種類に関して調べる機会はないですよね。

その種類に対する知識を持ち合わせている人も、意外と少ないのではないでしょうか。

 

それは、このミネラルウォーターに関しても同様のことが言えます。

 

お店で売られている商品も、大きくまたは小さく区分けすることができます。

 

そうすることで、いくつかの種類に分類できますね。

 

そこで今回は、そんなミネラルウォーターの種類についてみていきましょう。

 

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

☆大きく分類する場合
まず、成分と源泉でその区分けができます。

 

それを踏まえた上で、まずは7つに分けることが可能です。

 

<通常のもの>
これも細かく分けると、いくつもの種類に区分分けすることができます。

 

<アルカリイオン水>
これは日本でも有名ですね。

 

アルカリイオン整水器で電気分解されたものになります。

 

<スパークリングウォーター>

炭酸水になります。

 

日本ではあまり馴染みが無いですが、欧米諸国では一般的なミネラルウォーターとして知られています。

 

<バナジウムウォーター>
これは、バナジウムというミネラルを一定量含んだものになります。

 

比較的マイナーですが、最近徐々に知名度を上げていますね。

 

<オリゴ・ミネラルウォーター>
こちらも、比較的知名度の低いミネラルウォーターになります。

 

これは、「180℃に加熱してもミネラルが500mg/1l以下のウォーター」です。

 

※オリゴというのは「軟水、軽い」という意味を持ちます。

 

<温泉水>
温泉が源泉となっているものになります。

 

<海洋深層水>
水深200m以下の海水にあるものです。

 

ウォーターサーバーのおすすめは?


ウォーターサーバー比較ランキング!電気代安い?【赤ちゃんは?】
東日本大震災以来需要が加速し続けているウォーターサーバーですが、どれがいいのかいまいち分からない!という人が多いようです。そこでコストや安全面などあらゆる観点からウォーターサーバーを比較・厳選して紹介しています!
www.waterserver-ninki-ranking.com/