ミネラルウォーター比較ナビ - 硬度や成分で選ぶおすすめとは?TOP > 基礎知識 > pHについて

pHについて

 

水質を表す数字の中には、硬度以外にも「pH」というものがありますが、ご存知ですか?

 

これについても、熱帯魚を飼っている人は知っていると思います。

このpH(ペーハー)は割と有名ですよね。

 

というのも、学校の理科の授業で聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

※「pH」=「ペーハー」と言います。

 

このpHの値、pH値については、水素イオン濃度によって変化します。

 

これにより、その水が酸性か中性、あるいはアルカリ性かということが分かります。

 

※基本的に、pH値が0〜7であれば酸性に、7付近であれば中性になります。
 7〜14であればアルカリ性になります。

 

※なお、水道水は5.8〜8.6という基準になっています。
 およそ中性といったところでしょうか。

 

pH値というものは、「人間が飲むのに適した水なのか」ということを見定める基準となっています。

 

基本的に、人間は強酸性、強アルカリ性の水を飲むと身体に負担がかかってしまうものです。

 

言い換えると、pH値が極端に高かったり低かったりした場合、飲み水には適していないということになりますね。

 

比較的高い、低いという程度なら問題はありません。

 

近年では、アルカリイオン水などアルカリ性の水が流行っていますよね。

 

これらは弱アルカリ性の部類になります。

 

ミネラルウォーターのpHについては明確な基準はありませんが、ほとんどの商品が5.0〜9.0の範囲となっています。

 

比較的中性に近い商品が多いですね。

 

飲料として問題になるようなpH値のものはないので安心して下さい。

 

※なお、人間が美味しいと感じる水のpH値としては、大体6〜7.5の範囲になります。

 

味を重視してミネラルウォーターを購入する場合には、この範囲のpH値であることを確認してみましょう。

 

逆にそれを確認してから購入することをお勧めします。

 

基礎知識記事一覧

定義について

ミネラルウォーターと水道水を比較すると、ミネラルウォーターには明らかな特徴があります。それは、ミネラルウォーターとしての定義とも言えますね。まずは、水道をひねればす...

硬度について

水の質を示す要素はいくつかありますが、あなたは何か知っていますか?これは、熱帯魚を飼っている人は知っていると思います。常識ですよね。水質は、その水に棲む生物...

pHについて

水質を表す数字の中には、硬度以外にも「pH」というものがありますが、ご存知ですか?これについても、熱帯魚を飼っている人は知っていると思います。このpH(ペーハー)は...

安全性について

水と言えば、通常あらゆる飲料の中で最も安全という印象が強くありますよね。水道という非常に大きなシステムの中で殺菌がなされているので、水に何か悪質な成分が含まれていたり、腐っ...

賞味期限について

私が思うに、水というものに対して大きな誤解をしている人がいます。例えば、水はいつまでも保存できると思っていませんか?そんなことを思っている人は多いのではないでしょう...

普及の背景について

元々水道の水とは、雨水を加工して飲めるようにしたものを水道から出せるようにしています。そんな事から、市販しているものを購入してまで手に入れる必要はないという考え方でした。 ...