ミネラルウォーター比較ナビ - 硬度や成分で選ぶおすすめとは?TOP > 基礎知識 > 賞味期限について

賞味期限について

 

私が思うに、水というものに対して大きな誤解をしている人がいます。

 

例えば、水はいつまでも保存できると思っていませんか?

そんなことを思っている人は多いのではないでしょうか。

 

ですが、実際水というものは長期保存できません。

 

水道の蛇口をひねれば出てくるものを保存するというのは、無意味だと思いますよね。

 

そんな人がほとんどだと思います。

 

そのため、水が腐ったところを見たことがある人は、滅多にいないのではないかと思います。

 

それが誤解の大きな理由にもなっています。

 

このような事から分かったと思いますが、水というものは永遠にそのままでいることはできないという事です。

 

水分中には様々な成分が存在していて、それはある程度の期間が経つと劣化していきます。

 

当然水も劣化していくという事になるので、場合によっては腐ります。

 

なのでで、水にも賞味期限は存在すると言えますね。

 

日本産のミネラルウォーターであれば、基本的には殺菌されているし、密封している状態であればある程度の保存は可能と言えます。

 

※注意:賞味期限は設定されています。

 

これとは逆に、海外産の無殺菌のミネラルウォーターについては、殺菌したミネラルウォーターと比較してその賞味期限はかなり短いと言えますね。

 

ちなみに、ミネラルウォーターの賞味期限については短くて1年、長くて5年ですね。

 

この1年というのはかなり短く感じますね。

 

ジュースや缶茶と比較した場合でも、それほど長いとは言えません。

 

特に保存用に購入した場合には、気が付いたらもう賞味期限が過ぎていたということがあります。

 

このような事から水だから大丈夫という先入観は持たないようにしましょう。

 

賞味期限には注意するようにして下さいね。

 

基礎知識記事一覧

定義について

ミネラルウォーターと水道水を比較すると、ミネラルウォーターには明らかな特徴があります。それは、ミネラルウォーターとしての定義とも言えますね。まずは、水道をひねればす...

硬度について

水の質を示す要素はいくつかありますが、あなたは何か知っていますか?これは、熱帯魚を飼っている人は知っていると思います。常識ですよね。水質は、その水に棲む生物...

pHについて

水質を表す数字の中には、硬度以外にも「pH」というものがありますが、ご存知ですか?これについても、熱帯魚を飼っている人は知っていると思います。このpH(ペーハー)は...

安全性について

水と言えば、通常あらゆる飲料の中で最も安全という印象が強くありますよね。水道という非常に大きなシステムの中で殺菌がなされているので、水に何か悪質な成分が含まれていたり、腐っ...

賞味期限について

私が思うに、水というものに対して大きな誤解をしている人がいます。例えば、水はいつまでも保存できると思っていませんか?そんなことを思っている人は多いのではないでしょう...

普及の背景について

元々水道の水とは、雨水を加工して飲めるようにしたものを水道から出せるようにしています。そんな事から、市販しているものを購入してまで手に入れる必要はないという考え方でした。 ...