ミネラルウォーター比較ナビ - 硬度や成分で選ぶおすすめとは?TOP > いろいろな種類 > 浄水器との関係

浄水器との関係

 

日本でも水道水が飲めない地域があります。

 

このような場合、水を飲む方法として一度沸騰させることが必要ですね。

または、ミネラルウォーターを飲むなどの方法があります。

 

そして、もう一つ近年注目を集める方法があります。

 

何か分かりますか?

 

それは、浄水器の利用になります。

 

水道に浄水器を設置したり、水道水をタンクに溜めてそのタンク内で浄水を行ったりする方法です。

 

この装置によって、不要な物質や悪臭、苦味などの原因となる物質をろ過します。

 

ろ過するという事は、不要なものを取り除いてキレイな水にして飲むということになります。

 

そんな方法もありますね。

 

浄水器があれば、日本のどの地域でも水道水が飲めるので凄いでしょう。

 

そこで、浄水器とミネラルウォーターを比較した場合、どちらが良いのかという比較をしてみました。
(以下参照)

 

先ほどもお伝えしましたが、浄水器は水道水をキレイにするための装置ですね。

 

優秀な装置にはそれだけの値段がかかってきます。

 

そうすることで、完全にろ過することができるようになります。

 

その一方で、ミネラルウォーターの場合は、元々澄んだキレイな水を使用しているので安全ですね。

 

結局、安全性という面においてはどちらも問題ないということになります。

 

それでは次に、浄水器とミネラルウォーターの味についてはどうでしょうか。

 

浄水器でろ過した水の味は、基本的に水道水そのままの性質になります。

 

そのため、味としては普段日本人が親しんでいる水になりますね。

 

その一方で、ミネラルウォーターの場合は、軟水から硬水まで色々な味が楽しめますよ。

 

そういう意味では、ミネラルウォーターの方がバリエーションがあって、浄水器よりは上と言えますね。

 

最後に、ミネラルウォーターと浄水器のコストも比較してみましょう。

 

ミネラルウォーターの場合は、スーパーなら定価よりかなり安く購入できます。

 

ちなみに、2リットル100円以下でも十分購入できますよ。

 

一日にペットボトル1本を使用しても、ひと月に3,000円以下ですね。

 

年間にすると30,000円程度のコストで済みます。

 

その一方で、浄水器の方はその装置自体がかなり高額になります。

 

ちなみに、k高い物になると数万円もします。

 

ただし、これだけならミネラルウォーターを2〜3年使うことを考えた場合、すぐに取り戻せますね。

 

しかし、浄水器の場合はこの他にも、ろ過するフィルターの交換というランニングコストもかかるので、この辺がネックとなる部分でもあります。

 

コストでもミネラルウォーターに軍配が上がるので、ミネラルウォーターの勝ちということになりますね。

 

いろいろな種類記事一覧

品類について

あなたは、日本におけるミネラルウォーターの品類についてご存知ですか?まず、日本でのミネラルウォーターの品類については、農林水産省が制定している「ミネラルウォーター類の品質表...

硬水について

ミネラルウォーターは硬度で味が大きく変わってきます。その中でも、最もクセが強いとされるのは硬水になります。そこで今回は、この硬水について説明していきますね。ぜひ...

軟水について

硬水のミネラルウォーターは重く鋭い味わいがあります。それに対して、硬度100以下の軟水のミネラルウォーターはその逆で、非常に柔らかくまろやかな味わいの水になります。...

スパークリングウォーターについて

日本では、誰もが水というと水道から出てくる水を想像しますよね。また、飲む水ではなく川や海の水を想像する人もいるでしょう。そして、飲み水というと普通の清涼飲料水として...

人気のものとは?

日本国内でも、今では沢山のミネラルウォーターがあります。そんな数あるミネラルウォーターの銘柄の中で、近年最も高いシェアを誇っているのは、サントリーの「サントリー天然水」では...

浄水器との関係

日本でも水道水が飲めない地域があります。このような場合、水を飲む方法として一度沸騰させることが必要ですね。または、ミネラルウォーターを飲むなどの方法があります。...