ミネラルウォーター比較ナビ - 硬度や成分で選ぶおすすめとは?TOP > 海外の商品 > Perrier(ペリエ)について

Perrier(ペリエ)について

 

飲料メーカーというと、やはりコカ・コーラという企業名が出てきますよね。

 

そして、ジュースを販売しているメーカーが最も一般的であります。

しかし、中にはインスタントコーヒーや紅茶、ココアの粉末などを出している所もありますよね。

 

それらのメーカーも定番と言えます。

 

そして、インスタントコーヒーのメーカーで最も有名な会社はネスレ日本だと思いますが、いかがでしょうか。

 

意外とこのネスレ日本というメーカー名自体を知らない人がいるようですが、「ネスカフェ」というインスタントコーヒーは、多くの人が知っているのではないでしょうか。

 

インスタントコーヒーの中ではかなり有名ですよね。

 

私の好きなネスカフェでもあります。

 

結構ネスカフェのCMが流れているので、コーヒーを飲まない人でも覚えがあると思います。

 

日本におけるトップシェアを誇るインスタントコーヒーとしても有名で人気がありますね。

 

そんなネスレ日本は、ネスカフェを製造、販売していますが、実はミネラルウォーターの販売も行っているんですよ。

 

ご存知ですか?

 

元々、ネスレグループはスイスに本社があったそうで、そのスイスの近くにある南フランスを水源としたミネラルウォーターが「Perrier(ペリエ)」を販売しています。

 

<特徴について>
このミネラルウォーターの特徴は、何といっても世界で最も有名なスパークリング・ナチュラルミネラルウォーターという事ですね。

 

つまりこれはどういう事かと言うと、炭酸水ということになります。

 

日本では、水の炭酸水というのはほとんどありませんでした。

 

そんな時代でもあります。

 

その反対に、海外ではそれが主流の商品として流通されていました。

 

言い換えると、喫茶店やレストランなどで出る水と言えば炭酸水というくらいでした。

 

それだけ一般化されていました。

 

その中で、ペリエは圧倒的なシェアを誇っていたんですよ。

 

ヨーロッパ内では、ほとんどのレストランがペリエを置いているというくらいです。

 

それだけ有名な商品になります。

 

近年では、日本でもスパークリング・ナチュラルミネラルウォーターが徐々に出回ってきていて、国内のメーカーも炭酸水を販売するようになりました。

 

と言っても、やはり本家とも言うべきペリエが比較的高い知名度を誇っているようですね。

 

味を比較しても、カルシウムの量が多い硬水になるので、日本の炭酸水より鋭さがありますね。

 

飲み応えのある商品と言えます。

 

悪い意味では、クセがあってちょっと飲みにくいところはありますが…。

 

海外の商品記事一覧

ボルヴィックについて

日本国内のミネラルウォーターが大半のシェアを占めるている一方で、近年は特に海外のミネラルウォーターも人気を集めています。その大きな要因は一体何なのでしょうか。まず、...

evian(エビアン)について

海外のミネラルウォーターの銘柄の中で、誰でも一度は耳にした事のある最も有名なミネラルウォーターと言えば、「evian(エビアン)」ですよね。この銘柄を挙げる人が多いのではな...

Perrier(ペリエ)について

飲料メーカーというと、やはりコカ・コーラという企業名が出てきますよね。そして、ジュースを販売しているメーカーが最も一般的であります。しかし、中にはインスタントコーヒ...

Contrex(コントレックス)について

日本国内でも販売されている海外のミネラルウォーターを、最近多くみるようになってきましたよね。その海外のミネラルウォーターのほとんどは、フランスで採水されたものになります。 ...

CRYSTAL GEYSER(クリスタルガイザー)について

海外のミネラルウォーターと言えば、フランス産のものが多いと言いましたが、今回はフランス以外の水で、アメリカ発のミネラルウォーターをご紹介しますね。これは、私が好きな水でもあ...