ミネラルウォーター比較ナビ - 硬度や成分で選ぶおすすめとは?TOP > 海外の商品 > Contrex(コントレックス)について

Contrex(コントレックス)について

 

日本国内でも販売されている海外のミネラルウォーターを、最近多くみるようになってきましたよね。

 

その海外のミネラルウォーターのほとんどは、フランスで採水されたものになります。

エビアンにしてもボルヴィックにしても、フランスのミネラルウォーターなんですよ。

 

この事からも分かるように、フランスという国のミネラルウォーターの充実ぶりが伺えますね。

 

そして、日本国内で販売されている海外のミネラルウォーターのシェアで上位に入っているのが、この「Contrex(コントレックス)」になります。

 

これもまた、フランス産のミネラルウォーターとして有名です。

 

<コントレックスについて>
この水は、フランスのヴォージュという地域にあるコントレクセヴィルで採水されています。

 

1992年にネスレグループが販売を開始しましたが、それ以降日本にも上陸しています。

 

ちなみに、日本ではサントリーフーズが販売を行っています。

 

<最大の特徴について>
やはり何といってもその硬度になりますね。

 

※カルシウム含量46.8ml、マグネシウム含量7.45mlです。

 

非常に高い数字を誇っています。

 

この水の硬度は、実に1468もあります。

 

硬水が多い海外のミネラルウォーターの中でも、この数字は上位に入ると言えますね。

 

そう考えると凄い数値ですよね。

 

この数値が表すことは、非常にミネラルの多い水という事です。

 

日本の水はこの逆で軟水になので、日本人にとってはかなり馴染みの薄い味と言えますね。

 

逆に言うと、そこが個性でもあります。

 

これは、他の海外ミネラルウォーターと比較しても明らかに一線を画しています。

 

比較的舌に重いといった感じで、とてもどっしりとした味わいとなっています。

 

簡単に言うと、自己主張の強さは他のトップシェアの商品の追随を許しませんね。

 

残念ながら料理に使う水としては不向きですが、ダイエッターに絶大な人気を誇る商品でもあります。

 

非常に用途のはっきりした水と言えますね。

 

海外の商品記事一覧

ボルヴィックについて

日本国内のミネラルウォーターが大半のシェアを占めるている一方で、近年は特に海外のミネラルウォーターも人気を集めています。その大きな要因は一体何なのでしょうか。まず、...

evian(エビアン)について

海外のミネラルウォーターの銘柄の中で、誰でも一度は耳にした事のある最も有名なミネラルウォーターと言えば、「evian(エビアン)」ですよね。この銘柄を挙げる人が多いのではな...

Perrier(ペリエ)について

飲料メーカーというと、やはりコカ・コーラという企業名が出てきますよね。そして、ジュースを販売しているメーカーが最も一般的であります。しかし、中にはインスタントコーヒ...

Contrex(コントレックス)について

日本国内でも販売されている海外のミネラルウォーターを、最近多くみるようになってきましたよね。その海外のミネラルウォーターのほとんどは、フランスで採水されたものになります。 ...

CRYSTAL GEYSER(クリスタルガイザー)について

海外のミネラルウォーターと言えば、フランス産のものが多いと言いましたが、今回はフランス以外の水で、アメリカ発のミネラルウォーターをご紹介しますね。これは、私が好きな水でもあ...